4つの種類がある【矯正歯科を初めて受けるなら注目】

レディ

表側矯正

文字通り、歯の表面にワイヤーを通すことによって、矯正歯科をする方法となっています。表側矯正は、矯正のなかでも器具が目立ちやすいため、矯正をためらう人もいます。ですが、矯正する力は強いため、どのような歯並びであっても整えることができます。また、横浜の歯科でも一般的に採用されている方法です。

口

裏側矯正

芸能人がよく行なっている裏側矯正は、歯の裏側にワイヤーを通す方法となっています。ですので、人に気づかれることもなく歯列矯正ができ、一石二鳥と言えるでしょう。矯正歯科クリニックで受けることが可能です。

歯型

部分矯正

他の歯並びは綺麗なのに前歯だけが出ているのであれば、部分矯正を試してみると良いでしょう。そうすることによって、体に負担をかけることなく治療を行なうこともできますし、医療費も抑えることが可能です。

歯と歯医者

インビザライン

矯正歯科で矯正後、ワイヤーがあると食事をする際に不便さを感じてしまいます。しかし、この方法はワイヤレスとなっているので、難なく食事をするとができるでしょう。また、手入れも楽なので、めんどくさがりさんにとっておきです。

[PR]
矯正を日進市で申し込み
歯並びを整えよう!

矯正のノウハウを伝授

ティース

痛みはありますか?

器具装着して直ぐは、歯が引っ張られているので痛みを感じることはあります。しかし、基本的に痛み止めを処方しているので、誰でも安心して治療をすることができます。

期間はどのくらいかかりますか?

歯並びの状態にもよりますが、約2年から3年を目安にすると良いでしょう。途中でやめてしまうと歯が動いて形が崩れてしまうので、医師の判断を待つのが賢明となっています。

通院は必要ですか?

ブラケットを使用している矯正は、月に1回程の調整が必要です。この時に、ワイヤーの緩みなどを調整して歯並びを整えていきます。ワイヤレスの場合でも2カ月に1回は通院しなくてはいけません。矯正方法によって通院回数は異なるので、矯正を始める前に医師に相談しておきましょう。

理由がある

歯医者に行くからには何かしらの事情があるので、どういった理由で利用するのか知りたいあなたはランキングに目を通しておくと良いでしょう。きっと共感することができるはずです。

利用目的ランキング

女の人
no.1

歯科矯正

歯並びは自分でも気になりますが、時に他人からも指摘されることがあります。コンプレックスを治したいという思いで利用する人が多いので、ランキングトップに躍り出ていると言えるでしょう。

no.2

インプラント

従来の入れ歯では食べ物を思うように噛むことができなかったので、食事を味わうことが困難でした。しかし、インプラントにすれば以前のような快適な食生活を送ることができるようになるでしょう。

no.3

ホワイトニング

歳を重ねるに連れて歯が黄ばんだり、黒ずんだりすることは仕方のない事ですが、ホワイトニングをすることによって、憧れの白い歯を手に入れることが可能です。施術時間も短いのが利点と言えるでしょう。

no.4

クリーニング

定期的にクリーニングを行なうことによって、虫歯を根絶することができたり、口臭を軽減することができたりします。ですので、検診をしにクリニックへ行っている方が増えています。

no.5

虫歯治療

治療をすることによって、痛みを押さえることができるので、虫歯に行く人が後を絶ちません。最近では、痛みの少ないやり方で治療を受けることができるので、不安に思うことがありません。

京都にあるインプラント治療医院

[PR]
松戸の歯医者を確認
WEBで予約が簡単!

[PR]
江戸川区で矯正治療を受けよう
施術の流れを要チェック!

宮崎でインプラント治療を実施中

広告募集中